融資を行っている機関

大手銀行なら低金利の融資を受けることもできる

事業資金の融資を行っている期間は日本中に数多くありますが、大手銀行であれば事業目的や経営状況などにもよるものの、高額な資金を低金利で借入することも可能です。また、事業資金の使い方について専門のコンサルタントがアドバイスをしてくれたり、返済のシミュレーションができたりする銀行も多くあり、初めての人も安心して契約を結ぶことができます。また、金利の低さや返済のしやすさにこだわって銀行を選ぶにあたっては、事業ローンの融資の実績がある銀行の取り組みを調べたり、店舗内の窓口を訪れたりすることがおすすめです。なお、融資が可能な金額については、それぞれの銀行の方針や担当者の判断によって大きく異なるため、なるべく複数の銀行に相談をすると良いでしょう。

消費者金融なら起業したばかりの人も融資を受けやすい

消費者金融は、銀行と比べると貸付金利が高い傾向がありますが、起業して間もない人でも事業用の融資を受けやすいといったメリットがあります。特に、大手銀行の傘下の消費者金融においては、返済期間を比較的自由に決められるところや、繰り上げ返済や返済方法の見直しなどの手続きをスムーズに行えるところも多くあり、様々な業種の経営者から関心が集まっています。また、黒字経営を継続することで、一度に数百万円から一千万円程度の高額な融資をしてくれる消費者金融も増えています。そこで、銀行以外で事業資金の工面をしたい場合には、日々の業務の合間を縫って、サポートがしっかりとしている消費者金融の特徴を調べてみることがおすすめです。