融資を受ける場合のメリット・デメリット

融資を受けることで得られる利点とは

融資を受けるシチュエーションは、事業の運転資金を借入れする場合と、個人が入用でお金を借りる場合とでは違ってきます。事業のための融資は銀行や日本政策金融公庫などになりますが、個人での融資は銀行や消費者金融となります。融資を受けるメリットとして挙げることができるのは、事業の運転資金ならばベストなタイミングで事業をスタートさせることができるという点ではないでしょうか。コツコツとお金を貯めてから事業をスタートさせようとすれば、絶好のタイミングを逃してしまう恐れもあります。また、個人の都合でお金を借りる場合は少額でもまとまったお金でも、すぐに都合できるというメリットがあります。少額ならばキャッシングという方法もありますからとても便利です。

高額な融資を受けるときには担保や連帯保証人が必要

事業の運転資金として融資を受ける場合、その金額はやはり高額になってしまいますから、借入を行うときには一般的に担保や連帯保証人を求められる場合があります。もしも持ち家を担保にしていれば、返済が滞ってしまったときには家を取られてしまいます。また、連帯保証人にも大変な迷惑をかけることになるわけです。そのため連帯保証人になってくれる人を探すのは難しいと言えます。個人で借入をするときも同様です。しかし、今はキャッシングなどの便利なサービスもありますから、消費者金融からの借入れには担保も保証人も必要ないというケースがほとんどです。それでも返済ができなくなれば個人の信用も無くし、以後、借入が難しくなります。