出資を受ける場合の注意点

収支を考慮して無理のない範囲で借入をしよう

金融機関から出資を受ける場合には、滞納などのトラブルを避けるため、収支を考慮して無理のない範囲内で借入をするように心がけることが大切です。特に、事業開始に向けて設備を整えたり、複数の従業員を採用したりする際には、高額な資金が必要となることがあるため、借入や返済について様々なアドバイスをしてくれる金融機関を探すことがおすすめです。また、大手の金融機関の中には、個々の顧客の経済力によるものの、一回につき百万円以上の出資をしてくれるところも多くあります。そのため、スムーズに借入の手続きを取るにあたり、各金融機関の出資の限度額を調べたり、事業計画書をもとに担当者と出資のタイミングについて打ち合わせをしたりすると良いでしょう。

ネット上で返済シミュレーションができる金融機関を探そう

出資を受けた後に無理なく完済をするには、月々の返済額や返済期間の長さを慎重に決めることが重要となります。一般的に、返済期間が長くなると利息の負担が重くなり、日々の生活にも影響が出ることがあるため、契約前に様々なリスクを想定して契約を結ぶことが大事です。事業者に対する融資に力を注いでいる銀行の中には、ネット上で無料でいつでも返済シミュレーションができるところが多くあります。そのため、返済中に残りの利息額を随時把握するうえで、なるべく返済シミュレーションの使い方が分かりやすい銀行を選ぶと良いでしょう。なお、各銀行の出資の可否について確認するため、必要に応じてスマホやパソコンで仮審査ができる銀行を探してみると良いでしょう。