出資を行っている機関、出資を受けるには

銀行融資はオーソドックスな調達手段

事業資金が足りないときに融資を受けることができる機関は結構あります。その中でも有名なのが銀行です。ここでは銀行融資と呼ばれるものを行っていてるのが特徴です。信用金庫や民間の金融機関を利用して融資を利用できます。この銀行融資は信用保証協会の保証付き融資と銀行が独自に行なっている融資が用意されています。基本的に信用力の低い人が借り入れをするときには信用保証協会の保証融資を受ける事が可能です。逆に返済実績があり信用力の高い企業ならプロパー融資を受けられます。プロパー融資は貸し倒れのリスクが付きまといます。それだけに一定の信用力がないと利用できない仕様です。まずは保証付きの融資で信用実績を積んで、信頼を得たらプロパー融資に切り替えられます。

ビジネスローンも利用できる

銀行は非常に融資難易度の高いサービスです。ただ金利が安く設定されているのがメリットです。審査も厳しくある程度信用力がないと利用できない場合もあります。できるだけ難易度の低い融資を受けたいときにはビジネスローンを使うのがおすすめです。こちらは消費者金融を利用して融資を受ける事ができるサービスです。担保も保証人もなしで融資を受けることができます。審査も銀行に比べて非常に甘く設定されているのがメリットです。特に零細企業や中小企業の資金調達手段として使われています。融資難易度が非常に低い反面、金利は銀行に比べて高めに設定されているのが特徴です。他の金融機関で融資を断られてしまったときに利用するのも良いでしょう。

事業資金を調達する際、政府機関の利用は効果的です。事業計画が審査の重要項目ともなるので、しっかりとした”事業計画”を立てることが大切です。