融資を受ける

融資を受ける場合のメリット・デメリット

融資を受けるシチュエーションは、事業の運転資金を借入れする場合と、個人が入用でお金を借りる場合とでは違ってきます。事業のための融資は銀行や日本政策金融公庫などになりますが、個人での融資は銀行や消費…

融資を行っている機関

事業資金の融資を行っている期間は日本中に数多くありますが、大手銀行であれば事業目的や経営状況などにもよるものの、高額な資金を低金利で借入することも可能です。また、事業資金の使い方について専門のコン…

融資を受けるには

事業資金の融資を受けようとする場合、その事業に対しての明確な説明が必要になります。奇抜な発想や斬新なアイデアがあって、市場に受け入れられると考えていても、そこに至る根拠と根拠に基づいた事業計画がな…

ファクタリングはローンではない

ファクタリングは売掛債権を売却して現金化する方法であり、ローンとは性質がまったく違います。信用情報にネガティブ履歴が残されていても資金調達できるのがメリットです。

出資を受ける

出資とは、融資とは反対に返済不要となるお金のことを言います。返さなくていいの!?と驚かれた方もいるかもしれませんが、当然、出資者にも何かメリットがあっての話です。ここでは、出資を受ける場合のメリットとデメリット、気をつけなければならない点なども解説します。

出資を受ける場合のメリット・デメリット

事業資金を出資で受ける場合のメリットは、基本的に出資金は利息が発生しないことと返済が不要なことです。さらに返済時期や返済額の心配がありません。そのため資金繰りが安定するので、返済の資金を準備したり…

出資を行っている機関、出資を受けるには

事業資金が足りないときに融資を受けることができる機関は結構あります。その中でも有名なのが銀行です。ここでは銀行融資と呼ばれるものを行っていてるのが特徴です。信用金庫や民間の金融機関を利用して融資を…

出資を受ける場合の注意点

金融機関から出資を受ける場合には、滞納などのトラブルを避けるため、収支を考慮して無理のない範囲内で借入をするように心がけることが大切です。特に、事業開始に向けて設備を整えたり、複数の従業員を採用し…